外資コンサル・外資金融就活準備:超絶おススメしたい、学生時代の過ごし方

外資コンサル・外資金融就活準備:超絶おススメしたい、学生時代の過ごし方

外資コンサル・外資金融への就活をする上で、大学生時代の有意義な過ごし方について、当セミナーを通じて就職活動に成功した先輩方の声を集めました。就職活動に有利に働くから、といった近視眼的な理由でなく、視野を広げ、価値観の源泉を増やすためという、より長期的で本質的な目的のために、ご参考に頂ければ幸いです。

ストロングキャリアセミナー参加者の会員様より、コラムをご覧になられている方へ、キャリアに関するメッセージをお送りさせて頂きます。皆様のキャリアを考える一助にして頂ければと思います。

東京大学 経済学部 H.Sさん

語学留学をすることのメリットを伝えたい。外資系の企業を受ける上で、圧倒的優位にたてる。学部内では、語学留学をした学生が、投資銀行の採用過程で別ルートに乗り、二ヶ月のインターンを経験した二名が、既に内定を獲得している。
実際の業務において使う可能性は高い。実際にインターンを経験したが、社内の会議(本社の人間が電話で参加する場合が多い)は英語、下っ端のアナリストの仕事のひとつに電話の応対あったが、本社の人間からの電話も多い、社内のインフラはほぼ英語(パソコンの設定は全て英語、ITの社員もインド人)

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける