超優秀!モルガンスタンレー投資銀行部門内定者の、内定面接内容7ポイント

超優秀!モルガンスタンレー投資銀行部門内定者の、内定面接内容7ポイント

モルガン・スタンレー内定者の面接内容、志望動機、強み・弱み・投資銀行へのエントリーシート事例を紹介します。

なぜこの会社を志望していますか?

候補者回答

私が御社を志望する理由は三つあります。

第一に、投資銀行業界の高い将来性です。日本経済の間接金融から直接金融への移行、日本企業の財務戦略の変化、多様化などから、企業の投資銀行に対するニーズは高まっています。

拡大する市場において私が活躍できるチャンスも多いのではないかと考えました。

更に、日系金融機関が投資銀行業務を開始したのは比較的遅れており、先行する外資系投資銀行は大きな優位性を有しています。

外資系投資銀行で世界最先端の投資銀行業務に携わることは、私が金融業界で生き抜く上で大きな糧になると思います。

第二に、投資銀行業務そのものに強い興味があるからです。

私は大学一、二年生の間に、ベンチャー企業、MBOファンド、経営コンサルティング会社、外資系投資銀行の四社で中・長期的なインターンを経験してきました。

インターンの経験を通じて、企業の経営戦略、財務戦略に関心を持つようになり、それらに深く関われる仕事に就きたいと考えるようになりました。

今年の夏には、どのような職業に進むのか判断するために、コンサルティング会社と外資系投資銀行の投資銀行本部におけるインターンシップに参加しました。

投資銀行業務の、財務戦略の提案からその実行までクライアント企業に関わり、企業の変革の場に立ち会える点に大きな魅力を感じ、投資銀行業界への就職を希望するに至りました。

第三に、御社が世界で最も高い「信頼」を確立している投資銀行だからです。私は投資銀行にとって「信頼」というものが極めて重要だと考えます。

もちろん、どのようなビジネスにおいても大切ですが、アドバイザリー業務、特に投資銀行業務のように顧客への影響が大きい仕事においては、企業は顧客と強い信頼関係にあることが不可欠です。

投資銀行を信頼できらからこそ、顧客は部外者である投資銀行に会社の将来を左右するような重要な仕事を依頼できるのではではないでしょうか。御社は世界、日本国内の両方において多くの実績を有しており、顧客の高い「信頼」を有しています。そのような他社が得がたい強みを持つ御社は、今後も多くの大きな案件を獲得することができると私は考えます。

御社は、私が一流のインベストメントバンカーに成長するための多くの案件、機会を得ることができる最高の環境だと確信しています。

その会社に活かせる、あなたの強みは何ですか?具体的にお答え下さい

候補者回答

私の長所は二つあります。
第一に、向上心が強いことです。大学一、二年生時には、将来の目標、進路を見つけるために、四社で中期的なインターンを経験しました。

職場では、優秀な社員の方々と自分の力の差をいつも感じていました。しかし、継続的な努力によって、仕事の質を高め、上司の期待を上回る仕事ができるようになりました。

また、どんな仕事でも自ら進んで引き受けることで、社員の方々に貢献し、信頼を獲得することに成功しました。どんなに困難な仕事でも努力と工夫によって全うし、御社に貢献できる人材に成長します。

第二...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング