ドメドメは嫌!!海外で勤務したい!「MBA後、海外勤務をするには?」

ドメドメは嫌!!海外で勤務したい!「MBA後、海外勤務をするには?」

「海外に住みたいから御社を志望する」という理由は当然面接官からすれば好ましくない。自身の英語力、20年後の自分などを具体的に想像した上で、上記の真意と組み合わせて志望動機を伝えることが大切である。

米国 MBA 女性より質問

来年、MBAをアメリカで修了予定の帰国子女です。2年のアメリカ滞在生活の結果、私はどうしてもこちらの生活になれてしまい、就職はカリフォルニアかニューヨークで希望しています。

ボストンキャリアフォーラムに参加しましたが、それこそ大企業もでそろっているものの東京本社勤務が主のように感じられます。外資系の金融やコンサルに就職すると、海外に住みやすいものでしょうか?

講師による回答

現地でビジネスレベルで立派にやっていける言語力と、そのオフィスで貴方のスキルセットが必要で現地で調達不可能、みたいな状況だと別ですが、基本的には日本採用になることが多いです。

むしろトップMBAの後に海外に住むなら、多国籍企業の半年ごとにいろんな国を転々とする、グローバルリーダーシッププログラム採用などがいいのではないでしょうか。カリフォルニアかニューヨークということですが、シリコンバレーに人を張っておきたいという日本企業の需要は結構あります。

ニューヨークですと、英語とビザに問題が無ければ、投資銀行の本社採用の道も、狭いパスですが存在します。

他には、所謂”会社のスペック”を落してでもニューヨーク駐在員を選ぶケース。たとえば日本企業でニューヨークで勝負したい、みたいな会社の駐在要員も時折存在します。これらは”自社内に英語をできる人がいないことがボトルネック”になっていることが多いので、ネイティブレベルでなくても採用の対象に上がるでしょう。

ただ面接時に話すストーリーとしては、注意が必要です。「住みたい場所のためにはキャリアの内容をころころ変えてしまう」というような態度は、面接官側からすれば決して感銘を受ける候補者の態度ではないでしょう。 

いくら身勝手に聞こえても、会社側は「うちにしっかりとした理由と覚悟をもって入社してもらいたい」と願っています。

やりたいことや動機は、数年ごとに変わっていくのが当たり前だが、プレゼンテーションの工夫が必要

そうはいっても、私には貴方の言わんとする気持ちが分からなくもありません。「覚悟」や「目的意識」は、動機付けにはなりますが、常に「あてになる」わけではありません。人は自分の思う以上に自分の事を知りません。そして人は、自分の思う以上に時とともに変わるからです。

そもそも仕事なんて、一度もしたことないのだから「どれが好き」とか「確固たる覚悟をもって。。」云々と説かれても、その観念自体が学生からすればいまいちピントはずれでしょう。 

逆に、「ここに一生いる!」と大声で叫びながら面接にくる学生の方が、怖い部分もあるでしょう。

私個人の例が適当なので挙げると、私は貴方のようにアメリカで某大学を卒業し、そのままストレートで最大手外資系証券に入社しました。入社3日後の歓迎会で、私は乾杯の音頭をとりながら「僕は一生xxx(会社名)にいます!!」)と宣言して、周りの上司によく可愛がられたものです。

「一生そこで働く」という若気の決意は、大抵すぐ終わる

2年と半年後、ヘッドハンティングにより他社に転職しました。今振り返っても、そうするしかなかったし、そうして自分の人生にとってよかった、と思える決断でした。

生涯のコミットメントとしての覚悟は別にいらない。しかし、貴方の発想が、雇用者にとって危険であることには違いありません。

貴方にさんざんお金と時間を投資して、結局「アメリカになかなか住ましてくれないから」と突然辞められては、会社は立つ瀬がないでしょう。故に、貴方のもつような動機は決して評価される動機ではないのです。

自分をどうプレゼンテーションしてゆくか、をじっくり吟味すべきでしょう。

米国勤務に必要なこと:相当の英語力+能力と結果がすべて

まず、米国での雇用に関する私の個人的概観を述べましょう。外資系に勤めて、そのままアメリカに転勤をする、というのは不可能ではありません。しかし、それには相当の英語レベルが要求されます。

貴方は、自分がTOEFL満点近くあるからといって、安心しているタイプの留学生ではいけないでしょう。(実際に米国本社で働くアジア人は、ネイティブか高校、少なくとも大学時代は米国一流大学で過ごした人しか見たことがありません)

英語に加え、さらに貴方はWall Street現地で通用する能力や技術を身につけなければなりません。日本人が米国現地で仕事をする、ということは、日本人のほぼすべてが寝ている時間帯に起きている人たちと一緒に、またはそれらを相手として収益を稼ぐという行為です。

バイリンガルで、アクセントがあったとしても十分に難度の高いレベルの会話ができ、しかもfinancial engineerとして実績のあるような人ならロンドンでもNYでもいけるでしょう。

当然のことですが、愛媛県とかで自称個人投資家の自営ガレージオーナーに営業とかしかしたことのない人物が、持ち前のbroken Englishでいきなり単身NYに渡っても、いわゆる存在感は発揮できないでしょう。

「能力と結果がすべて」という外資系金融における揺ぎ無い鉄則が、ここに垣間見えています。

タイムスパン次第では、日系の海外勤務も視野に

日系でもよいならどうでしょう?これに関しては、我がセミナーの職分とかけ離れるので極端的に述べると、タイムスパンの勝負になります。

どういう意味かというと、長く日本で丁稚奉公(でっちぼうこう)に勤めて、将来的に家族そろって海外勤務、という手は十分にあるようです。実際、私の大学院の友人でも、そのようにして海外留学、家族手当、海外勤務の三拍子がそろった方々が多々いらっしゃいました。

なお海外勤務が第一志望であれば、やはり総合商社に軍配が上がります。私の大学の動機も、大学時代はパッとしなかったのですが、某財閥系の総合商社に入り、中東とブラジルで長年過ごし凱旋帰国しましたが、今では英語のみならずポルトガル語もペラペラで、新興国のエネルギー資源にやたらと詳しくなったので業界では噂のヒッパリダコへと成長を遂げました。

このような日系企業の場合、海外企業ではないので、ぎりぎりの英語力でも十分重宝されるだろうし、働く相手や同僚も日系の方が比較的多いに違いありません。
しかし、タイムスパンの観点から、貴方には「日本で待つ」という事が要求されることも多いので、気を付けましょう。

実際に某大手自動車メーカーのグローバル幹部養成コースに入った友人で、本来2年ごとに大陸を移動するプログラムだったのに、なぜか日本にへばりつかされる羽目になった人を私は知っています。

面接では、「アメリカに住みたいから御社を受けている」などと白状しないこと

最後に、冒頭で言及した「自分のプレゼンテーション」についてのアドバイスを述べます。面接官に志望動機の第一要素として、「私はアメリカに住みたいから御社を受けている」というのは、好ましくないのはすでに述べたとおりです。たとえ貴方の真意がそうであったとしても、です。

本当にアメリカに住むためならどんな仕事でも良いのか、外資系に就職して東京で勝負してからでは遅いのか、自分の英語力は現実的にどういう企業で通用するか、20年後の自分は、具体的にどこで何をしていたいのか。

これらのことを自分なりに調査して十分考察しておくと、すくなくとも面接で「NYにある御社でこそ、自分はxxxにチャレンジできると感じた」くらいのことを、嘘臭くない感じで表現できるでしょう。

そして、それに始まる効果的な自分自身のプレゼンテーションは、有意義な就職への大きな、そして必要不可欠の、第一歩なのです。

将来的に自分自身が変化することを受け入れる見識と余力を残しつつ、且つ今の時点で「到達したい自分」を確立し、効果的にそれを表現する。

就職、転職そして仕事現場のどの状況においても、この目的意識に基づいて今の自分を捉えるべし、というのが我がセミナーの哲学です。

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー


\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69