海外勤務を可能にする3大パターンとは?~「MBA後、海外勤務をするには?」

海外勤務を可能にする3大パターンとは?~「MBA後、海外勤務をするには?」

「海外に住みたいから御社を志望する」という人は、実は結構います。希望先の海外勤務を実現するパターンとして、多国籍企業への勤務、日系企業の海外勤務、海外での起業が挙げられます。コンサルファームに入るときは、グローバルファームでも意外とドメスティックな企業相手のプロジェクトが多いことに、気を付けましょう。

海外勤務を可能にする3大パターンとは?~「MBA後、海外勤務をするには?」

MBA留学中女性による質問

来年、MBAをアメリカで修了予定の帰国子女です。2年のアメリカ滞在生活の結果、私はどうしてもこちらの生活になれてしまい、就職はカリフォルニアかニューヨークで希望しています。

ボストンキャリアフォーラムに参加しましたが、それこそ大企業もでそろっているものの東京本社勤務が主のように感じられます。外資系の金融やコンサルに就職すると、海外に住みやすいものでしょうか?

講師による回答:MBA後の海外勤務3大パターンとは?

端的に申しまして、Noです。出張やプロジェクトで長期滞在はあっても、外資ファームは基本、日本勤務です。現地でビジネスレベルで立派にやっていける言語力と、そのオフィスで貴方のスキルセットが必要で現地で調達不可能、しかもあなたが高い評価を受けていて辞められると困る、みたいな状況だと別ですが、基本的には日本採用になることが多いです。

むしろトップMBAの後に海外に住むなら、まず第一のパターンとして、多国籍企業の半年ごとにいろんな国を転々とする、グローバルリーダーシッププログラム採用などがいいのではないでしょうか。カリフォルニアかニューヨークということですが、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコラムは全て、コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界のトップファーム経験者/現役プロフェッショナルにより執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム