外資系投資銀行面接で「お金が欲しい」と志望動機を正直に白状していいのか!?

外資系投資銀行面接で「お金が欲しい」と志望動機を正直に白状していいのか!?

ゴールドマン・サックス、JPモルガン、モルガン・スタンレーなど、外資系投資銀行を中心とした投資銀行業界転職・就職を志望している人の志望動機を紹介します。幅広く経済に貢献、ノウハウと人材の優位性、お金とオーソドックスに上げつつ、人間味豊かな趣味も織り交ぜ、好印象を残しています。

外資系投資銀行面接で「お金が欲しい」と志望動機を正直に白状していいのか!?

なぜこの会社を志望していますか?

候補者回答

まず、経済の発展や活性化に直接貢献できる業種として、経済のインフラたる金融を選びました。特定の業界にのみ偏ることなく、経済界全体を幅広く見渡すことができる点も、ビジネスパーソンとして広い知見を備えたいと考える自分にとって非常に魅力的です。

そして、先進的な金融技術・経験・ノウハウという点で外資系金融機関は日系の金融機関よりもまだまだ優位に立っており、その中でも御社は随一の実績と実力を備えていると考えます。

自分が一流のバンカーとしての知識と経験を積むには、そうした実力を持つ組織に入ってその技術を吸収していくのがもっとも得策と考え、御社を志望しました。

また、「若いうちにできるだけたくさんの金を稼ぎたい」という思いがあり、その目的を実現できるのが外資系投資銀行しかないという理由もあります。

自分は油絵が趣味なのですが、50歳過ぎぐらいで早々にリタイアしその後はアトリエのある家を買って絵を描いて過ごすという夢がありますので、それを実現するため40代までに稼げるだけ稼いでおきたいのです。夢を実現するためには、身を粉にして働く覚悟でいます。

講師からの解説

紙面の都合か、回答内容は薄いものの、志望動機で触れたい異なるレベル感をほぼ全て押さえている。何故金融→なぜ外資→なぜ御社→将来ビジョンとの整合性 というオーソドックスな構造である。

ただ彼はなぜゴールドマン、なぜ投資銀行部門という後の二段階でうまく志望動機を限定できていなかったが、おそらく実際の面接ではそつなく答えるであろう。

興味深いのは、”お金が動機であることを正直に言っていいのか”と、”将来ビジョンが全然違うことを言っていいのか”という、外銀就活Most FAQに出ることを、果敢に白状してしまっていることである。結論から言えば別にOK, 候補者...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける