不幸なゴールドマンサックス面接失敗事例~頭が良いのに平凡な面接をする人々

不幸なゴールドマンサックス面接失敗事例~頭が良いのに平凡な面接をする人々

ゴールドマン・サックス志望者にぜひ気をつけていただきたい、「平凡面接回答撃沈パターン」を紹介いたします。

大学/大学院(東京大学大学院)  
学部(情報理工学系研究科) 
氏名    (MN)
第一志望はどの会社ですか? 
(ゴールドマンサックス)

なぜこの会社を志望していますか?

候補者回答

私は当初メーカーの経営に関わりたいと思い、大学2年の頃からビジネス誌を定期購読してきました。

しかし、次第にM&Aや資金調達など、財務面での戦略が企業経営において非常に重要であるということを感じるようになりました。

そこで金融業界にも視野を広げたところ、様々な企業の案件に関わることのできる投資銀行に強い魅力を感じるようになりました。

将来的には一人前のインベストメント・バンカーとして、企業の発展に貢献し日本経済さらには国際経済に影響を与える大きな仕事をしたいと考えております。

そのためには自分が最も成長できる職場...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける