コンサル志望者の、痒いところに手が届かない、薄っぺらい残念面接事例とは?

コンサル志望者の、痒いところに手が届かない、薄っぺらい残念面接事例とは?

東京大学大学院からコンサルを志望するStrong Career会員の方の、薄っぺらくて具体的シーンが伝わらない、セカンドティアな面接事例を解説します。

大学/大学院(東京大学大学院)  
学部(農学生命科学研究科) 
氏名    (KU)

なぜこの会社を志望していますか?

候補者回答

若い時期から死ぬほど働くことができ、その分報酬として報われるから。

また世界中の優秀な人がいて、刺激を受けることができるから。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける