コンサル志望者の、痒いところに手が届かない、薄っぺらい残念面接事例とは?

コンサル志望者の、痒いところに手が届かない、薄っぺらい残念面接事例とは?

東京大学大学院からコンサルを志望するStrong Career会員の方の、薄っぺらくて具体的シーンが伝わらない、セカンドティアな面接事例を解説します。

大学/大学院(東京大学大学院)  
学部(農学生命科学研究科) 
氏名    (KU)

なぜこの会社を志望していますか?

候補者回答

若い時期から死ぬほど働くことができ、その分報酬として報われるから。

また世界中の優秀な人がいて、刺激を受けることができるから。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング