外資系投資銀行志望動機まとめ~転職面接で語る、志望理由6大パターンとは?

外資系投資銀行志望動機まとめ~転職面接で語る、志望理由6大パターンとは?

外資系投資銀行への面接において、内定者はどのような志望動機を語っているのでしょうか?他人の志望動機を真似することはまったくもって推奨できませんが、受かっている人、落ちている人がどのようなレベル感の話をしているのかを知るのは自己評価する上で、よい参考になるものです。以下では長期間投資銀行志望者を面接してきたストロングキャリア講師陣による、「外資系投資銀行志望動機典型的パターン」と参考コラム13選をまとめています。

外資系投資銀行志望動機まとめ転職面接で語る、志望理由大パターンとは?

外資系投資銀行への志望動機、皆さんは面接のときに何と答えるだろうか。

「ええゴホン、き、金融は経済の血液であり、企業再生を担い経済の活力の源に、、」なんたらかんたらと演説している間に寝てしまうのは、面接官だけではない。 

おそらくグループディスカッションでそれを聞かされる他の参加者も寝落ちするだろうし、下手したらそれを話している貴方自身が、自爆して深い眠りに入ってしまうかもしれない。

しかし驚くこと無かれ、外資系投資銀行への志望動機・志望理由は毎年ほぼいくつかのパターンに集約されており、表面的な具体例は変わっても、本質的に言っているのは皆、以下のようなパターンなのだ。

その典型的な投資銀行志望理由パターンを、あえて面接する側の内心のツッコミとともに紹介しよう。

投資銀行志望動機事例:経済を幅広く見ることができるから

コンサルと投資銀行を志望する人は総じて、何かの産業や企業にドップリ入らず、幅広い産業や起業を対象としたプロフェショナルサービスを提供したいと思っている。


...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。またストロングキャリア・オンラインサロンでは、無料で優秀な会員同士の相互学習・ネットワーキングコミニュティを形成しております。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける