コンサル転職志望動機まとめ~コンサル志望理由典型的18大パターンとは?

コンサル転職志望動機まとめ~コンサル志望理由典型的18大パターンとは?

コンサルティングファームへの志望動機、皆さんは何と回答されていますか?やれビジネススキル全般を効率的に学びたい、やれ将来経営者になりたい、やれ物事を考えるのが好きだ、やれお客の顔を見ながら働き感謝されたい、etcetc- これらコンサル志望動機の中には、実際にコンサルで満たせるものもあれば、壮大な勘違いに基づく志望動機もたくさんあります。コンサルを志望するのかどうかと面接対策に資するべく、コンサルティング業界への志望動機全18パターンと、その志望動機に関する是非について、弊社講師陣が解説します。

コンサル転職志望動機まとめコンサル志望理由典型的大パターンとは?

コンサル転職・就職を希望する人の志望動機は、以下の18パターンで大半がカバーできる。

中にはトヨタなどの大企業で、社内変革プロジェクトで得た充実感と問題意識から、コンサル転職を志望するパターンや、日ごろの仕事がマーケットバリューがつかない仕事ばかりで不安になるパターン、また仕事で雇ったBCGが優秀で、彼らと一緒に仕事したいと思ってコンサル転職を志望するパターン等そのトリガーは様々だ。


しかしコンサル転職志望理由に関していえば、以下のパターンの中から複数の組み合わせでコンサルを目指す人が多い。以下ではその中身と妥当性について、解説しよう。

    ビジネスOS(汎用性の高い基礎的ビジネススキル)を強化したい


現職の仕事が特定商品の法人営業で、儲かりはするが汎用性のあるスキルではなく、経営者を目指すには経験の幅が狭いと問題意識を抱くコンサル志望者は非常に多い。

また会計士や弁護士などの士業や医師といったプロフェッショナルキャリアから、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける